自家用自動車有償運送グループG
自家用自動車有償運送
グループG
会員リンクお問い合わせ
 
 
会則
利用規約
運転規約
運転規約   トップページへ
   

社会福祉法人もくば会
自家用自動車有償運送事業グループG運行規程

   
(運転者登録)
第1条

運転者は次の事項に該当するもので、この会の代表が認めたものとする。
1.この会の会員である者。
2.普通自動車免許証を所得している者で、実運転歴が3年以上の方で、道路運送法第79条指定の運転講
  習を終了した方。(普通免許証のみ所持の方は入会後、道路運送法第79条指定の運転講習を講習して
   頂きます。)
3.地域福祉に理解と関心を持ち、利用者の主体性を重んじ、接することができる方。
4.福祉・ボランティア関係に興味がある方。また、関心がある方。
5.自動車保険の加入条件により26才以上の方。
6.第2種免許証を有する方。
7.ヘルパー2級以上の資格をお持ちの方。(ヘルパー2級以上の資格をお持ちでない方は、道路運送法第
  79条指定のセダン講習を講習して頂きます。)

(保健)
第2条

移送サービスに利用する車両には、必ず『自動車総合保険(対人、対物、搭乗者、車両)』をかけることとし、車両走行時以外には『リフトバス移送サービス利用者障害保険』をかけることとする。

(事故処理と補償)
第3条

運行中に事故が発生した場合、運転者は速やかに警察に事故の届出を行うとともに次の事項に努めなければならない。
1.相手側、搭乗者の救護に努める。
2.事務所に速やかに連絡を行い、その支持を受ける。
3.事故に関しての補償については、運営委員会の裁定により処理することとする。

(運行の安全管理について)
第4条

1.交通関係法令を常に遵守し、安全運転と事故防止に努めること。
2.リフト操作は細心の注意のもとに行い、乗降の際の事故防止に努めること。
3.車両の清潔と美化に協力すること。
4.運行中の事故については、事故処理の終結までこの会とともに協力すること。
5.搭乗する全人員が安全ベルトを着用すること。
6.リフトの昇降の際は、必ず車椅子のブレーキをかけること。
7.安全管理に関する運転者の義務は次の通りとする。
 @運行前点検を行うこと。
 A車椅子の固定確認。
 B安全ベルト着用確認。
 Cリフトの昇降の安全確認。
 D車椅子のブレーキ、転落防止のストッパーの確認。
 E昇降時の、車椅子使用者の足の位置の安全確認。
 F車体からリフトへの移動の際の車椅子の安全確認。
 G故意による車の急発進、急ブレーキ、急ハンドルの禁止。
 H左右に曲がる時、車椅子利用者の横揺れがないようにするため、直前で十分にスピードを落とす。
 I車から離れる際は、必ず鍵をかけ、貴重品等は所持すること。

(運転協力金について)
第5条

1.所要時間における運転協力金は、以下の表により1時間単位で算出する。
尚、1時間以降は30分単位で協力金を加算する。
ただし最小運転協力金は1時間とする。

  月〜金 土・日・祝日
通常利用時間帯  8:00〜19:00 800円
(400円)
1000円
(500円)
特別利用時間帯 19:00〜8:00 1000円
(500円)

2.支払い方法
運転協力金は、原則として月末締めの翌月25日払いとする。 
 
附  則  
この規程は平成19年2月5日から施行する。
 

ページのトップへ

 
 
 
外部リンク−心身障害者通所授産施設グループG外部リンク−WEB制作事業部
 
Copyright(C)2006 Social welfare corporation MOKUBAKAI.All  Rights  Reserved.個人情報保護方針ご利用規約